高い熱効率・安定した品質・優れた耐久性

カートリッジヒーター

長寿命・高ワットの驚異的性質を持ち高品質なカートリッジヒーター。

角コイルヒーター

密閉型でしかも堅牢にできているので、あらゆる加熱に利用できます。

アルミ角ヒーター

手で自在に曲げることができるアルミ角ヒーターは熱板の加熱に最適です。

ミニコイルヒーター

小型・軽量かつ熱効率抜群のコイルヒータ。

詳しくはこちら

ヒーター取扱上の注意

ヒーターの事故・故障・断線の90%以上は容量の選定や使用方法によるところが大です。

◆クリアランスは少なくする

空気は熱伝導が悪いので、断熱の役目を果たします。ヒーターと挿入穴のクリアランスが多いと、空気断熱によりオーバーヒートします。クリアランスは少なくすることが寿命を延ばす要素です。
〈スタンダードカートリッジヒーター〉 ●2〜3W/㎠:0.2㎜以内 ●4W/㎠:0.1〜0.15㎜ ●5〜6W/㎠:0.05〜0.1㎜
〈ハイワットカートリッジヒーター〉 ●6W/㎠まで:0.2㎜以内 ●6〜10W/㎠:0.1〜0.15㎜ ●10〜15W/㎠:0.05〜0.1㎜ ●15W/㎠以上:0.05㎜


◆ON、OFFの回数を少なくする

ON・OFFが多いと、抵抗線の表面にできる保護膜を突撃電流が剥し、その繰り返しで抵抗線が痩せ細って断線します。
 ◎1分間に1回以上の場合は、容量の70%でご使用下さい。
 ◎10分間で1回以上の場合は、容量の75%でご使用下さい。
 ◎1時間で1回以上の場合は、容量の80%でご使用下さい。


◆ワット密度(表面負荷)を小さく取る

◆ヒーターの配列は適正な間隔で

ヒーター間の距離が狭すぎるとオーバーヒートを起こし、離れすぎると温度バランスが悪くなります。ヒーターの配列は寿命を延ばすのに重要な要素です。


◆ヒーターは、湿気を嫌います

ヒーターに使用されている絶縁物は、湿気を吸着し易いマグネシヤ(酸化マグネシウム)を使用しています。無機酸化物で吸湿性の無い物質はありません。一般的にヒーターに使用されている湿気防止剤は、シリコンワニス、シリコンゴム、シリコンオイル等シリコン系有機材を使用しています。ヒーターは発熱しますので、有機材の使用温度にも限界があり、当然防湿効果もうすれて吸湿します。長期間未使用や機械に取り付けて通電まで長期間放置した場合や雨期等では絶縁抵抗値が下がり、感電の恐れがあります。ヒーター表示以下の電圧を印加して100℃以上300℃以下ぐらいで自己回復させるか、乾燥炉等に入れて絶縁を回復させて下さい。保管場所には十分配慮して下さい。



詳しくはこちら

News Release

お問合せ

お問合せはメールまたはFAXでお願いします。

Mail : national@vesta.dti.ne.jp

Fax : 048-981-0349

FAXでお問合せの場合こちらの用紙をダウンロードしてご使用ください。------------> 問い合わせ用FAX用紙

Access

ナショナル電熱株式会社
〒342-0015 埼玉県吉川市中井2丁目11番2号
TEL: 048-981-0240
FAX: 048-981-0349